早川牧場 業務内容

生後~7ヵ月までの子牛の生産

肉牛を育てる畜産農家は、繁殖農家と肥育農家に分かれます。
株式会社早川牧場では、繁殖農家で生まれた生後1ヶ月前後の子牛を購入し、素牛と言われる7~8ヶ月まで育てます。その後グループ会社である有限会社下士別畜産に売却され、体重が800~900kgにまで育てた牛達が皆様の食卓にあがります。
この様な流れの中で、株式会社早川牧場は人に例えたら赤ちゃんから中学生までの時期を大切に育てていく牧場です。

子牛の時から「天然醤油もろみ」を食べています

「醤油もろみ」は天然のアミノ酸やミネラルを豊富に含み、育ち盛りの子牛にはとても大切な食べ物で健康維持に大きく貢献しています。
子牛の時期にすくすく育てることで将来が決まります。

個体管理を大切に

牧場のスタッフは日々、子牛の顔色と所作を意識し、物言わぬ子牛の気持ちを思い、愛情を注いで子牛達が安楽に過ごせるよう努めています。
株式会社早川牧場では、子牛が食べているもの、さらには健康状態まで飼養管理情報システムにて情報を開示し、消費者の皆様に安心と安全をお届けします。

  • 北海道もろみ和牛

    肥育期に醤油もろみを給与し27ヵ月齢以上育てた国産黒毛和牛です。
    肉の旨みを引き出すといわれる
    オレイン酸を豊富に含んだ牛肉です。

  • 北海道もろみ和牛

    「北海道もろみ和牛」の中でも、
    A5ランクの肉質等級を獲得した
    最高品質の牛肉です。

  • 北海道もろみ和牛

    醤油もろみ配合飼料を与えて
    17ヵ月齢以上育てた赤身が
    おいしいホルスタイン種(乳用種)の国産牛肉です。

  • 北海道もろみ和牛

    黒毛和牛の父とホルスタイン種の
    母との間に生まれた子牛を24ヵ月齢
    以上育てた国産交雑牛です。
    黒毛和牛に負けない旨みを持った
    牛肉です。

TOP